レンタカーで北海道をより楽む キャンピングカーの魅力を紹介

Pocket

キャンピングカーで北海道を満喫

 

広大な北海道をキャンピングカーに乗って大冒険

2月 早朝写真撮影クルーズより夏のタウシュベツ橋梁北海道の函館から知床までの距離は、東京~広島県福山市間に匹敵する片道約750km。
本当に広い北海道、旅行で楽しむには実に大変な移動距離が伴う場合もあります。普通の旅行なら飛行場に着いてからレンタカーを借りて、事前に宿泊予約したホテルに向かいながら道中の観光地に立ち寄りながら旅行するのが主になります。北海道の旅行するときに使うホテルが意外と少なく、宿泊先はだいたい、どの観光客も同じ場所を選ばなくてはいけないという不自由さがあるのと、絶景スポットや観光地を楽しむために北海道に来たのに、気がつくと次の宿泊先の場所や距離が心配になり思いの外、予定通りの観光地巡りができなかったという場合も多いと聞いています。
せっかく北海道に来たらもっと自由に旅行したいですよね!?

そんな願いを実現するのがキャンピングカーです。

キャンピングカーだと普通のレンタカーと同じ感覚で借りられる運転ができ、好きな場所、好きなところで宿泊が可能なので広大な北海道を旅行するときに本当に助かる自動車です。次の宿泊先の距離と場所など一切気にする必要はありません。気に入った観光地を時間いっぱい楽しむこともできるし、道中気になるお店にも気軽に立ち寄りますね♪
また、小さなお子様が居るご家庭ほど、家族みんなの体調を考えながら今日の移動はここまでと区切りを付けられますし、もうちょっと先に行けるかなと行動距離を増やすことすら自由に可能です。
野鳥のさえずりを聞き、日の出が近づくにつれ空が明るんでくる天文薄明という昔の勉強で聞いたことがあるような天体現象を目で見ながら迎える朝。日が沈み、町明かりの光害が少なく空気の澄んでいる北海道からの夜空はまさに…絶景。夏の天の川の恐ろしくクッキリとした姿を見られたときには…もう大変な感動があじわえると思います。大人達の旅行でも楽しめますし、子供達の一緒なら北海道の広さを目で見て肌で感じて食べ物で味わえる本当に素敵な、思い出。本当に素敵な経験を与えることすら可能です。

キャンピングカーとはどんなクルマ!?

夢を載せて移動します

ベースの車両は、世界のトヨタが製造するキャンピングカー専用車種「カムロード」を使い、各キャンピングカーメーカーがベッドやテーブルなどの居住部分を製造し架装した車両を販売しています。ガスや水道などを装備し常設のベッドを完備した8ナンバーの車両をキャンピングカーと呼びます。

車種により乗車人数や就寝人数に違いが出ますが、当店の車両は乗車7名の就寝5名ですので、大人でも仲の良い友達同士なら快適に旅行が楽しめる広さがあります。
大きそうですが、車両の高さが約3mあるのを気をつければ幅は約2m、長さが約5mなので大型ミニバンのアルファードとそれほど変わらない大きさなので運転はそれほど心配する必要はありません。
また以外かもしれませんが最小回転半径が驚きの4.9m!、見た目の大きさと違い大変小回りが効くので駐車の心配も少なくなります。もちろんAT車なのでAT限定免許でもレンタルOKです。
当店のレンタカーは、3000ccディーゼルターボエンジン搭載なので、イメージと違う力強い加速と10km/l前後の優れた燃費と軽油の安さが移動距離の長い北海道では燃料代が驚くほど安く済みます。

キャンピングカーの装備品をチェック♪

お客様の声移動中は乗車スタイル。就寝時は、ベッドスタイルに変形するキャンピングカーは、装備がちょっと特殊なので貸し出し時に使い方をご説明します。ここで装備品の写真と簡単な説明を先にご紹介します。スマートフォンなどの充電用のインバーターを装備しているので旅行中の充電は安心です。

寝具は、大人5名までの寝袋と枕をご用意しています。寝袋は「パフォーマー/C15」を使っているので、チャックを全開にするとブランケットやマットとしても使用可能。また、同モデルの寝袋を連結すれば小さな子供と一緒に寝るときにも快適です。使い慣れた寝具を先に宅急便で送ることも出来ます。
少しでも気になる事は装備品などは、気軽にこちらまでお問い合わせください。

バンテック社 平成30年式コルドリーブス 4WDディーゼル 7人乗車 5名就寝 全長4.99m×全幅1.98m×全高2.96m
トヨタのトラックがベースの4WDなので安定した走りと快適で安全な旅行を楽しめます。
軽油なので燃料代が安い!大きく見えますが、幅2m×長さ5mなので北海道の道では走りやすい大きさです。最小回転半径4.9mなので取り回しは楽です。
バックモニターは常時、後方の映像を運転席から見れるので運転時の視界は普通車と変わりません。
リアラダーを使えば車両の上に登れるので、そこからの写真の撮影にも使えます。幾つか扉が見えますが、収納庫もしくは車内へのアクセスドアとなります。
車両玄関からマルチルームまで、防水仕様。雨の日は外靴のまま車両に入れるので便利。釣り具なのどのアウトドアグッツを置いておくのにも重宝します。
※トイレは装備していません。
運転席側の給油場所
燃料は軽油となります。80L入るので満タンで600kmは走行できます。
外部給水タンク取り出し口
旅先で車両の水が足りなくなったらここから、ポリタンクを出し入れして給水します。
運転席側の外部収納
水で濡れた荷物は入れられませんが、旅行のお荷物を収納するのに大変便利な横長の収納スペースです。
助手席側 大型収納
水で濡れたお荷物も収納可能です。キャンプ用品などはここへ収納します。
運転席側の外部収納
濡れた荷物やキャンプ用品の収納に使います。
防水マルチルーム、スーツケースなどお荷物を収納するのに便利なスペースです。車内からのアクセスも可能です。水とガスが使えます。歯磨きや手洗い、お湯を沸かすことができますが他のお客様も使うので、臭いの出る調理はお断りしております。
コの字型のリビングルーム。両サイドに大型の窓があるのでとても明るい車内となります。サードシートは3点式シートベルト対応なのでチャイルドシートを取り付けられます。ベッド展開すると、最大幅1870㎜長さは最大で1950㎜。クイーンベッドサイズ以上のとても広い就寝スペースとなります。
運転席上にある就寝スペースです。ハシゴを無しで登れるので子供たちの秘密基地になります。長さが最大1975mmの広大なベッドに早変わり。センターマットを着ければ、クイーンベッドより広い就寝スペースを確保できます。
車内に、エンジンを切っても使えるバッテリーが搭載されています。12V変換からの100Vコンセント二つと、4つのUSB付きの合計200Wコンセントがあるので旅行中のスマートフォンやゲーム機の充電が気軽にできます。
室内にはエンジンを切った状態でも稼働するFFヒーターを装備しています。軽油で燃焼し、排気は常に外に排出されるので室内の空気が汚れず安心してお使い頂けますので必要に応じて、ご利用ください。
アクリル断熱二重窓を装備しているので、夏も冬も快適。防虫ネット&遮光シェードも完備。玄関ドアにも網戸が付いているので夏の風通しはとても良いです。
また、家庭用エアコンを車内に装備してあります。100Vの電源が確保できるオートキャンプサイト等に宿泊された時に、専用の外部電源コンセントを繋げることで冷房としてお使いできます。
その他の装備品

  • ETCも装備。普通自動車料金で使えます。割引にも対応。
  • 5名様分の寝袋と枕
  • 救急箱(絆創膏、消毒液、エチケット袋など)
  • 雑誌(道の駅ガイド・日帰り温泉ガイド・オートキャンプ場ガイドなど)
  • 車両グッズ(工具・消化器・など)
  • 清掃グッズ(コロコロ・ほうき・ぞうきん、ビニール袋など)
  • ティッシュ、カセットガス、ヤカンなど

キャンピングカーで楽しむお勧めの観光スポット

キャンピングカーの旅行ではとても自由度の高い旅行が楽しめます。旅行雑誌に掲載されている観光地は、駐車場も広くキャンピングカーで訪れても大丈夫な場所が多いので安心です。
北海道旅行でどこへ行くかで迷われている方は、気軽に店長までご質問下さい。富良野、知床、釧路、ラベンダーに豚丼などなど… 漠然としたキーワードでも構いませんので、北海道へ来られる日時とメンバー構成を一緒に質問時に言って頂ければ、宿泊先や日帰り温泉など旅行ラフプランを制作してお知らせします。
数ある旅行先でも、特にお勧めしたい店長厳選の観光スポットならこちらにありますので、ぜひ参考にして下さい!

お勧め観光コース

実際に店長が見て撮って楽しんできた観光地を写真付きで紹介!
撮られた写真のように感動的な光景を見るために必要な、日時と天候など現地の生の情報で記載します。
釧路のタンチョウ
摩周湖からの星空と鶴居村のタンチョウ撮影コース


大沼公園からの朝焼け
大沼公園と灯台の撮影コース
世界遺産知床 オジロワシ撮影
世界遺産知床 流氷とオジロワシの日の出撮影コース

SL冬の湿原号 表紙
SL冬の湿原号 撮影コース
銀河鉄道999
冬のタウシュベツ 撮影コース
函館の夜景
ゴールデンウイーク 道南の桜めぐりコース
津別峠からの大雲海
津別峠の大雲海 道東絶景コース
富良野美瑛の観光コース
富良野美瑛の観光コース

キャンピングカーの宿泊先や日帰り温泉を探そう

気軽に宿泊できるキャンピングカー。初めて借りられる方にとって、実際にどこに泊まれば良いのか迷うかと思います。車が長時間停車していても大丈夫で、トイレがある場所となると「道の駅」が最有力候補の宿泊場所だと思います。北海道は函館から稚内、知床まで各地に道の駅が点在しているので宿泊先として困ることはありません。下のGoogleマップに道の駅の一覧があるので、ご確認下さい。
道の駅以外にも、トイレ完備の無料の宿泊先候補が道内各地にあります。店長が旅行し実際に確認した、安心してお勧めできる宿泊地をご予約頂いたお客様または、お問い合わせ頂いた方にご紹介もしています。穴場の宿泊先の方が、北海道らしい大自然を満喫できるチャンスがありますので、是非お問い合わせ下さい。
キャンピングカーだと、特に長期の旅行になるとお風呂の問題が出てくると思います。そこらへんも、北海道には各地に有名な温泉街がありますし、日帰り温泉に特化した施設やランチ付き日帰り温泉プランのある施設もあるので、店長お勧めの温泉も合わせてご紹介させていただきます。

北海道のオートキャンプ場に泊まるのも面白いと思います。当店では、レンタルグッズにBBQに必要な焼き台、テーブル、チェアにタープテントのフルセットもあるので、一緒にレンタルされるとより楽しめます。さらに…焼き肉用のお肉も一緒に販売しているので、出発前に全ての食材がそろいます!

レンタルグッズもあります

天体望遠鏡 セット 焼き肉セット
天体望遠鏡セット
北海道と言えばこれです!町明かりも少なく、澄んだ空気が天体観測には最高の場所です。特に、キャンピングカーなら外に出ればすぐに満点の星空。月があればビックリするほど、キレイなクレーターが観測できます。お子様が楽しむこともできますし、スマートフォンなどで撮影する事も可能です♪
1回:5,000円
焼き肉フルセット
オートキャンプ場で宿泊される方には、強くお勧めしたいアイテムです。タープテントも付いてくるので雨の日のBBQも安心して楽しめますね♪当店はお肉も販売しているので焼き肉用の食材もご相談下さい!
1回:5,000円

道東方面の玄関口、十勝帯広空港近くに店舗があります

北海道のキャンピングカーレンタル店舗は、千歳空港周辺に多くありますが道東方面、知床や摩周湖、釧路に網走、十勝と北海道の大自然を一番に楽しめる地域のレンタカーは今までありませんでした。十勝は、道東方面の観光コースの入り口として回られるのにお勧めです!

ウインターシーズン、ハイシーズンなどの季節に応じた料金が設定されています。
特に、夏休みは早い時期から予約が入るので早め早めの旅行プランをお願いします。

配車は、基本は更別村の店舗までご来店頂いての出発となりますが、
レンタル期間などにより、各空港への配車も可能となる場合がありますので、まずはこちらまでお問い合わせ下さい

上手く活用頂くと…。
■日曜日に女満別空港からスタート→知床半島→摩周湖→釧路経由orオンネトー経由→帯広空港返却
■平日帯広からスタート→富良野→美瑛→日曜日に旭川空港返却もしくは、稚内空港または知床方面女満別空港返却も!
また、帯広は北海道の中央付近にあるので富良野方面や知床方面、摩周湖方面へ気軽に旅行コースを変更可能なので、天気予報から雨を避けるコース設定も直前まで可能です。
当店の貸出場所はこちらです(熱中小学校が目印)


料金表 

当店では、一部例外を除き全て税抜き価格での表示とさせていただきます。
お見積もりの合計金額をもとに消費税を計算させていただきます。
当店ではレギュラーシーズン、オンシーズン、ハイシーズン、ウィンターシーズンの四つの料金設定があります。
レギュラーシーズン
3月、4月、10月、11月、12月
24時間:21,000円
半日料金:10,500円
オンシーズン
5月、6月、9月
24時間:31,000円
半日料金:15,500円
ハイシーズン
7月、8月、大型連休
24時間:33,000円
半日料金:16,500円
ウィンターシーズン
1月、2月
24時間:25,000円
半日料金:12,500円
実際に借りられるときに、どのくらいの貸出期間かを簡単に計算できるサイトがありますので、こちらを参考にして下さい。
キャンピングカーのレンタルは高いのか安いのかよく分からない金額だと思いますが、道外からお越しのお客様の場合。
レンタカー代+宿泊代を考えたら、大変お得な金額だと思います。
それなら、好きな場所で宿泊できて自由に行動できるキャンピングカーを借りられた方が、
より北海道旅行を楽しめるチャンスが増えて良いと思います。

当店は、道東に強いキャンピングカー専門のレンタカー屋です。

知床、摩周湖、オンネトー、阿寒湖、釧路、納沙布岬など北海道の大自然を一番味わえる道東方面の入り口にある十勝帯広からのキャンピングカー旅行で、新しい北海道の思い出作りに役立てて下さい。

 

北海道でキャンピングカーをレンタルはいかがでしょう

次に乗る方はあなたですよ

ご利用案内

 

キャンピングカーのご質問やご予約、観光コースの相談など気軽にご連絡ください。