キャンピングカーで旅する北海道 世界遺産知床 流氷とオジロワシの日の出撮影

Pocket

世界自然遺産知床

2月 早朝写真撮影クルーズより夏は知床五湖や知床峠を中心に、自然豊かな知床を楽しもうと多くの観光客で賑わいます。

冬になると夏ほど観光客は訪れませんが、流氷やオジロワシなど冬の知床ならではの光景を楽しむために全国から訪れます。
冬の知床は、知床峠が冬期通行止めとなるので斜里町側と羅臼側で分断される形となり、それぞれに魅力溢れる光景が楽しめるので観光するときには悩みどころです。

今回は、羅臼側からの観光コースをご紹介します。

2月 写真撮影クルーズより2

冬の知床と言えば、流氷ですよね。
天候にもよりますが、1月下旬から3月上旬にかけて羅臼側に流氷が訪れます。
羅臼側からの最もお勧めする観光コースが、流氷と猛禽類のオオワシや、
美しい白い翼が一際目につくオジロワシを構図に入れ、
北方領土から昇る朝日をバックにした写真を撮ることができる撮影クルーズが一押しです!

撮影クルーズはどこで申し込めますか。

上記の会社で、様々なクルーズコースを運行しています。
どこも、日の出前の撮影に特化したクルーズコースを設けていますが、店長お勧めはゴリラ岩観光さんです。
他の運行会社より若干クルーズ時間が長く、観光客慣れしているのか色々と撮影時の「サービス」が良い気がします。

服装や必要機材あると便利な物とかありますか。

2月 写真撮影クルーズより42月 写真撮影クルーズより3

 

 

 

 

冬の北海道なので最低限の防寒は必須です。船内は暖房が入っているので、そこまで防寒に対して神経質になる必要は無いかなと思いますが船内と船外の気温差でレンズの結露だけには注意する必要があります。
女性でも問題なく参加できます。私の奥さんも一緒に撮影に行きましたのでそこら辺はご安心ください。船内にトイレはあります。

 
1月 観光船から見た知床連山と流氷日の出前から撮影が楽しめるので、レンズは超広角から超望遠まで必要です。
流氷があるとビックリするほど海の波がないので、三脚での撮影も可能です。
ほぼ全員の方が、三脚を据え付けて撮影するので場所取りが大変な場合がありますが、
日の出前からシャッターチャンスが何度もやってきます。たとえば、日の出狙いのポジションの反対側には知床連山があり、日の出前からモルゲンロートが楽しめるので個人的には三脚がない方が自由なポジションから撮影できるので良いかなと思っています。
カメラのバッテリーは寒いとビックリするほど減りが早いので、予備はポケットにホッカイロなどと一緒に入れて常に暖めておくとなお良いです。

 

キャンピングカーがあると便利

羅臼には道の駅があるので、そこで宿泊することができるので寝過ごす心配はありません。2月 太陽の蜃気楼 別海町 -20℃以下まで強く冷え込んだ早朝に、運が良ければ見られる光景です。 1月、2月、3月上旬のよく晴れて風がない朝に見られるチャンスが!
羅臼側からのクルーズ撮影は、天候の影響や流氷の状況に左右されて折角の撮影旅行が台無しになることが多々あります…。
日の出と一緒に撮影する事で、意味のある写真になりますが曇りや雪では美しさや楽しさが半減します。

キャンピングカーで旅行すれば、天候や流氷状況に応じて宿泊先や目的地を自由に変更できます。

たとえば…。

【流氷は期待できないが、日の出は楽しめそうだ】
道の駅「おだいとう」で宿泊⇒翌朝宿泊場所から四角い太陽を撮影⇒鶴居村へタンチョウ撮影かSL湿原号撮影

【流氷は期待できるが、日の出が期待薄】
羅臼方面は曇っていても、鶴居村周辺は晴れていることが多いので早朝の音羽橋からのタンチョウ撮影⇒その後は日中の羅臼のからのクルーズに乗船するか、
冬の摩周湖もしくは屈斜路湖のフロストフラワー撮影もしくは、SL湿原号の撮り鉄へ。

せっかく、休みを取り予定を組んで旅行に来ても天候一つで楽しさが減ってしまっては…残念ですよね。
キャンピングカーなら天候に左右されずに、好きな場所へ自由に予定を組み旅行を楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA