BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Travel
  4. キャンピングカー旅で楽しむ十勝帯広の温泉まとめ

キャンピングカー旅で楽しむ十勝帯広の温泉まとめ

キャンピングカー旅は毎晩の「お風呂」をどこで入るのかが悩みどころ。しかし!!当社が拠点としている十勝帯広は「温泉の宝庫」なのです。(全国的にはあまり知られていないのですが)ということで、せっかく十勝に来てくれた方々に選び放題の温泉をとことん楽しんでほしい!!そんな想いで、Vantripがおすすめする温泉&温泉銭湯を紹介したいと思います。

帯広市内

帯広の街中では「モール温泉」という肌を再生させる効能のある成分が含まれている珍しい温泉に入ることができます。しかも「モール温泉」は植物性の温泉のため、山沿いではなく、平野のど真ん中市街地で入れるのです。それがなにを意味するかというと、帯広の街の中にある銭湯はほぼすべてが「温泉」ということ。まずはそんな住宅街の中にたくさんある温泉銭湯を中心にピックアップしてみました!

光南温泉

朝6時から営業している温泉銭湯。モール温泉100%かけ流しです。サウナもついています。ここのおススメは「朝食バイキング」。入浴とセットで1100円で楽しめるのですが、本格バイキングでおかずもたっぷり。必ずお腹いっぱいになって満足して帰ることができます。
※シャンプー、石鹸あり
住所:北海道帯広市東2条南19丁目15
URL:http://www.h-kounan.com/

朝食バイキング

北海道ホテル

十勝で唯一、フィンランド式のサウナが楽しめる施設です。(銭湯ではありません)ロウリュウはセルフ式で壁にかける「ウォーリュー」もできます。露天風呂もあり、外気浴ができるのも最高です。サウナ好きには一番におススメしたい場所。また、朝5時30分から営業しているので、朝風呂もおすすめ!
※シャンプー、石鹸あり
住所:北海道帯広市西7条南19丁目1番地
URL:https://www.hokkaidohotel.co.jp/stay/hotspring.html

清流日本一を何度も取った札内川の伏流水を利用した水風呂

自由ケ丘温泉

深夜1時まで開いてる帯広で一番遅くまで営業している温泉銭湯です。モール温泉100%かけ流しです。水風呂も地下水が使われている泉質が抜群です。水は持ち帰ることが可能なので、もし、キャンプ前行くのであれば、ここで水を汲んで炊飯や料理に使うなんてしたら最高ですよ。駐車場も広く、安心してキャンピングカーを駐車することが可能です。
※シャンプー石鹸なし。販売あり
住所:北海道帯広市自由が丘4丁目4-19
URL:http://shigenoza.com/archives/jiyugaoka-onsen.html
(サイトがないので、紹介ブログ)

ローマの泉

貸切風呂の中に「サウナ」&「水風呂」があるという「貸切サウナ」ができる施設です。もちろん、温泉は源泉100%かけ流し。硫黄の香りが強く温泉に入っている気分を最高潮にさせます。家族風呂、もしくはサウナに集中したい人は特におすすめ!
※シャンプー、石鹸あり
住所:北海道帯広市東9条南12丁目4-2
URL:http://ro-ma.jp/

外観はレトロだが、温泉は最高
サウナ付きの貸切部屋

アサヒ湯

駐車場が小さいので、今回は紹介するか迷ったのですが、「泉質」を求めるのであれば、アサヒ湯は放っておけません。極上のモール温泉が楽しめるのですが、入った瞬間にツルツルシュワシュワです!
駐車場だけ注意してください。
※シャンプー石鹸なし
住所:北海道帯広市東3条南14丁目19
URL:http://shigenoza.com/archives/asahiyu.html

dav

十勝郊外

温泉は帯広の街中だけじゃありません。実は海沿いにも山沿いにも贅沢な温泉があります。十勝管内のおすすめ温泉をピックアップしました。

晩成温泉

ヨード泉という殺菌効果の強い温泉が湧いています。ヨードは「イソジン」のあれですね。なので、イソジンに入っている感じです。ヨード泉で有名な浅虫温泉の数値の100倍濃さなんです。サウナと水風呂、外気浴スペースがあり、太平洋の海を見ながら外気浴も可能です。施設の横にはキャンプ場があり、宿泊者限定で朝にも温泉に入ることができます。
住所:北海道広尾郡大樹町字晩成2
URL:https://www.town.taiki.hokkaido.jp/soshiki/kikaku/shoko/bansei_onsen.html

ぬかびら源泉郷

大正8年に発見された、大雪山国立公園の森と糠平湖の湖水に囲まれた豊かな自然を感じさせる温泉です。温泉街なのでいくつも温泉施設があるのですが、温泉の泉質は、ナトリウム・塩化物−炭酸水素塩泉(重曹泉)で肌が滑らかになるだけでなく、飲用することで胃腸病にも効くといわれています。湯温が50度から60度と高いため、多少加水している施設もありますが、温泉を循環している施設はありません!
タウシュベツや層雲峡方面に行く際にぜひ寄ってほしい温泉です。
住所:北海道河東郡上士幌町字ぬかびら源泉郷
URL: https://kamishihoro.info/sg_detail.php?id=54

鹿の湯 然別峡(しかりべつきょう)

鹿追町の然別湖の近くには数多くの野天湯が点在していて秘湯ファンの間では有名な場所。鹿の湯はキャンプ場内にある野湯ですが、管理されている方がいらっしゃるシーズン中はきれいな露天風呂です。
住所:北海道河東郡鹿追町町北瓜幕
URL: https://hikyou.jp/report/dayuse/54063/

留真温泉

道内トップクラスのPH10.0という高いアルカリ性の泉質を持ち、美肌によい良質な温泉として評判の浦幌町にある「留真温泉」。ちょっと遠い山の中にありますが、アルカリ性温泉好きは必ず行ってほしい温泉です。
住所:北海道河東郡鹿追町町北瓜幕
URL:https://ameblo.jp/rushinonsen/

然別湖

湖畔沿いに建つ「ホテル風水」に日帰り温泉があります。源泉かけ流しの温泉で露天風呂は湖の真横にいるような感覚に。湖畔を渡る風が肌に心地良い源泉100%の露天風呂から一望するのは静かな湖畔と、ぽってりした「くちびる山」の眺めは絶景です。
住所:北海道十勝郡浦幌町字留真177
URL: http://www.hotelfusui.com/

いかがでしたでしょうか?十勝には数多くの温泉があります。ぜひ参考にして温泉を楽しんでください。

こちらのYoutubeチャンネルでは、動画で十勝の温泉を紹介してくれています。参考になるので、ぜひ、動画をみて具体的にイメージしてみてください!

(文・写真:野澤一盛

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

Translate »