BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Travel
  4. キャンピングカーで行く!冬の北海道十勝アクティビティ満喫ルート(犬ぞり・スノーシューなど)

キャンピングカーで行く!冬の北海道十勝アクティビティ満喫ルート(犬ぞり・スノーシューなど)

十勝を満喫するなら必ず冬の魅力を体感してほしい!常々そんなことを考えているのですが「では具体的にどんな楽しみ方を?」という声にお応えしまして、今回は十勝の冬で体験してほしいおすすめルートを紹介したいと思います。今回ご紹介するのは、十勝の西側の新得町、鹿追町を満喫するルート。十勝を守る日高山脈の麓にある地域で楽しむ冬のキャンピングカーツアーをご紹介します。

その前に、冬の十勝の旅をキャンピングカーで行くメリットとは何なのか?例えば、アウトドア体験などのアクティビティのための「着替え」スペースをしっかり確保できることや、エンジンをかけずに暖房が使えるなど、冬を快適に過ごせる装備が充実しているのです。ぜひぜひ、キャンピングカーのメリットを存分に活かして冬旅を快適なものにしてみてください!

【1日目】

10時 帯広空港でキャンピングカーレンタル

羽田空港からの朝一番の飛行機に乗ると、9時〜9時30分に帯広空港に到着。Vantripでは帯広空港への配車は無料で行なっており、空港に到着すれば、すぐにキャンピングカーの旅が開始できます。

キャンピングカーの使い方のレクチャーを聞き、いざ出発します。

11時 帯広市内で昼食

帯広に来たら地元の人に必ず食べなよと言われるソウルフード「インデアンカレー」

北海道に来てわざわざカレーを食べるの?と思うところをグッとこらえて

旅の初めに食べる理由があるのです。それは十勝帯広の人に「インデアンカレー食べたよ」っと言えば必ず友達になれるほどの力を持つソウルフード。インデアンカレーを旅の初めに食べて、出会う地元の人との会話の引き出しとして使ってみてください。必ず仲良くなれます。

ちなみにインデアンカレー初級のあなたは「インデアンルー」を選択してください。これが一番スタンダード。あとは、薬味に用意されている「生姜」も騙されたと思ってお試しあれ。

13時30分  新得町でスノーシュー体験 約3時間

ふかふかの深雪の上で思いっきり遊べるスノーシュー体験。標高約1,000m、ゴンドラに乗って移動するサホロスキー場の頂上付近から下っていくダウンヒルツアーです。スノーシューを履いて、スキー場コース外のふわふわの深雪の中で思いっきり遊べます!スキーではちょっと怖いと思う斜面でも、しっかり踏みしめるスノーシューなら安心。天気の良い日には十勝平野も一望できます。楽しみ方はいろいろ、雪の中を転げまわっても良し!走っても良し!自然のジャンプ台から雪のクッションの中にジャンプしたり

予約 http://tac-go-go.com/
〒081-0154 北海道上川郡新得町屈足539-21
電話 0156-65-2727

夜 Vantrip限定車中泊会場

Vantrip&TACとかちアドベンチャークラブで遊んでいただいた方限定でキャンピングカー車中泊スポットも用意!思いっきり遊んで食べて、ゆっくりキャンピングカーで過ごすことができます!お父さんもゆっくりお酒を楽しむことができますね。

設備:トイレ、徒歩圏内に温泉有(レークイン)
料金:1泊 3,000円/台(税別)
BBQ 大人2500円/人 子供2,000円/人(税別)

【2日目】

朝 新得町周辺でも様々な体験ができるコンテンツが揃っているのが魅力!

そば打ち体験

蕎麦の産地として有名な新得町。国内トップの品質と評価された新得産そばを石臼で当日挽き、その粉を使用し専門講師が細かく指導してくれます。1人500gを手打ちし、1人前は試食し、残りはお土産として持ち帰ることができます。所要時間は約1時間。

※写真はイメージです

新得そば本舗
北海道上川郡新得町字新得基線104番地
0120-410-908
http://shintokusoba.com/html/page4.html

乗馬体験 ヴィレッジ432

初心者にもやさしい乗馬ハイキングが体験できる。5歳児以上を対象にしたキッズレッスンコースから経験豊富な方も楽しめるマスタークラスまで幅広い方々に楽しめるプログラムとなっております。

また、丘の上に立つログハウスレストランはゆったりと落ち着いた雰囲気の中、美味しい十勝の素材を使ったメニューが楽しめます。

ヴィレッジ432
〒081-0038北海道上川郡新得町北新得98
0156-64-4320
http://village432.com/riding.htm

13時30分〜15時30分 犬ぞり体験

冬ならではの犬ぞり体験。十勝平野の大雪原に作られた起伏の少ないコースをたっぷり1時間走ります。一緒に走ってくれるわんこ達は、ハスキーをベースにポインターなど様々な犬種を掛け合わせ、冬の北海道の気候に適したMix犬,通称「アラスカンハスキー」と呼びます。走ることが大好きな彼らの力強さとスピードに誰もが驚き感動します。

マッシングワークス
〒081-0341 北海道河東郡鹿追町瓜幕西31線25
080-3232-8119
https://www.mushingworks.com/

16:30 温泉 然別湖畔温泉ホテル 風水

濁りのあるお湯の色が独特で、鉄分が豊富に含まれている温泉です。肌からも鉄分は吸収するので、女性に人気のあるお湯。晴れた日に露天風呂から見る景色は絶景で、ぜひ堪能してほしい温泉。日帰り温泉は17時最終入場。

然別湖畔温泉ホテル 風水
〒081-0344 北海道河東郡鹿追町然別湖畔
0156-67-2211
http://www.hotelfusui.com/

しかりべつ湖コタン

入浴後は、凍った湖の上にできる「しかりべつ湖コタン」を満喫しましょう。雪と氷にブロックを積み上げてつくる「イグルー」が並び、その中には「カフェ&バー」やコンサートホールなどが作られ、氷の世界を存分に楽しめます。

〒081-0344 北海道河東郡鹿追町北瓜幕無番地
0156-69-8181
https://kotan.jp/

夜 然別湖Vantrip限定車中泊

こちらもVantripのキャンピングカー限定でキャンピングカー車中泊スポットを用意。

然別湖の絶景を目の前に、車中泊ができるスポットを特別にご用意。然別湖の山から上がる日の出とともに朝を迎える贅沢な環境をご用意しています。

【3日目】

然別湖では様々な冬のアウトドア体験が可能です。然別湖ネイチャーセンターで提供しているサービスを一部ご紹介します。

スノーモービル

スノーモービルに乗って一周1kmのコースを走ります。みるみる変化していく風景を楽しみながら、エンジンを使って走るスノーモービルの楽しさに触れてみましょう。所要時間10分

氷ガラス作り

氷点下の世界を満喫するアイスクラフトです。氷のかたまりを氷ノミという道具で削ってグラスにします。イメージ通りのグラスが完成するかどうかは本人次第。

素敵なグラスが完成したら、雪と氷で出来たアイスカフェで楽しい時間を過ごしてみましょう。所要時間1時間

アイスフィッシング

然別湖に生息するミヤベイワナやニジマスやサクラマスを狙います。釣った魚はホテルで調理。超新鮮な魚を食せます。所要時間1時間30分

株式会社北海道ネイチャーセンター
〒081-0344 北海道河東郡鹿追町北瓜幕無番地
0156-69-8181
https://nature-center.jp/education/winter_top.html

疲れた体を癒しながら帰路へ

六花亭カフェ

代表的な北海道土産の一つ「マルセイバターサンド」は帯広に本社を置く「六花亭(ろっかてい)」のお菓子。帯広市内の六花亭店舗には「喫茶室」がある店舗があり、地元、観光客を問わず多くの人が六花亭のスイーツを楽しむスポットです。空港に向かう途中にお土産を買うついでに、カフェで一息つくのもおすすめです。

冬のキャンピングカーコースはいかがでしたでしょうか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

Translate »